交通事故慰謝料.com

交通事故を起こした場合にする事

警察への通報

事故を起こした場合、その後自分がとった行動によって交通事故の慰謝料は大きく変わってきます。 たとえば人をはねたのに、怖くなり現場から逃げ出した等の場合は人の生命を軽んじる行為とみなされ慰謝料、罰金共に吊り上がります。 事故後、警察に即座に連絡、及び自首をし、罪をしっかりと反省していれば、慰謝料、罰金も跳ね上がることはそうありません。また状況によっては情状酌量の余地ありとされる可能性だってあるのです。そもそも交通事故は執行猶予がつけられることが多いのです。某有名人を轢死させてしまった方も執行猶予がつけられました。このように死亡事故であっても執行猶予がつけられることは存外多いものなのです。また、警察に通報し、車両の欠陥での交通事故だったと判明した場合は運転手は無罪放免となり、罪は慰謝料含め運転手に降り掛かってくることはありません。罪は欠陥車両を生み出した設計者、企業の方へ向かい、業務過失致死罪が適用されることもあるのです。

困ったら専門家に相談しよう


Copyright(c) 2011 交通事故慰謝料.com. All Rights Reserved.